ヒゲ脱毛は痛くないはウソ。

「痛くないヒゲ脱毛」と広告に載っているのを見たことがあるかもしれませんが、光脱毛・医療レーザー脱毛・ニードル脱毛(針脱毛)など施術方法によって痛みの差はありますが、基本的にヒゲ脱毛は痛いものです。

 

一般的に光脱毛・医療レーザー脱毛・ニードル脱毛で痛みのレベルを比較すると

 

ニードル脱毛>医療レーザー脱毛>光脱毛と言えます。
そして、毛が太くて濃い方が細くて薄い毛よりも痛いです。

 

痛みをどのように表現するかですが、一般的にゴムで弾かれたような痛みと言われています。

 

幸いにも医療レーザー脱毛は医療機関で行うため「麻酔」が使えます。クリニックによって用意している麻酔は違います

 

以下に各クリニックに用意されている麻酔の種類をまとめました。

 

  麻酔の種類
ゴリラクリニック 笑気ガス、高濃度表面麻酔クリーム、局所麻酔注射
リゼクリニック 麻酔クリーム(皮膚麻酔)、笑気麻酔(ガス麻酔)
メディエススキンクリニック 表皮麻酔
湘南美容外科クリニック 笑気麻酔

 

ちなみにドクターも通うドクターコバのダイオードレーザーのライトシェアは脱毛器として初の皮膚冷却システムを内蔵しており安全安心で確実な脱毛を可能にしています。ダイオードレーザーのライトシェアによる脱毛で麻酔を希望される方はほとんどいないそうです。

 

どうしても痛みが嫌だということであれば医療レーザー脱毛より大幅に出力が弱い光脱毛・フラッシュ脱毛ならほとんどの人は我慢できるでしょう。

 

ですが、エステ脱毛はヒゲ脱毛が完了するまでに時間がかかること、永久脱毛ではないためまた生えてくるリスクが高いことがデメリットになります。