一般的に日焼けすると光脱毛もレーザー脱毛もできない

ヒゲ脱毛

 

肌のことを考えたらサロンやクリニックで施術を受けるのが良いのですが、日焼けをしてしまった場合には問題が生じます。

 

基本的に日焼けをすると脱毛の施術を行うことができず、それは光脱毛でもレーザー脱毛でも同じです。

 

なぜ施術を行うことができないのかというと、どちらもメラニン色素の黒い色に反応して光やレーザーを照射するからです。ムダ毛の持つ黒色を見つけて反応することで、毛根部分に影響を与えています。

 

日焼けをすると肌の色が濃くなりますが、この時肌中ではメラニン色素がたくさん生成されている状態です。

 

その状態で照射を受けるとムダ毛以外の肌の部分にも反応してしまって、火傷などのトラブルが引き起こされる恐れがあります。

 

ですから、施術を受ける前には注意事項として日焼けをしないように注意をされます。

 

日焼けをした肌はバリア機能にも影響が出ていて一時的に弱まっていますので、敏感な肌に光やレーザーを当てるのはNGです。見た目には変わらなくても、普段より乾燥したりちょっとした刺激に反応しやすくなっています。

 

しかも、日焼け後の肌に施術を受けると火傷以外の様々な肌トラブルが起こる恐れがあります。

 

たとえば、光やレーザーが過剰に反応することで痛みを強く感じることがありますし、毛のう炎のリスクも高まります。

 

毛のう炎・・・ムダ毛の埋もれた部分が皮膚の下に溜まって炎症が起こることであり、一度現れると厄介です。

 

様々なトラブルの起こる可能性が高くなり、その上脱毛の効果は出にくくなります。

 

肌の色が濃くなると安全のために照射の出力を下げて調整を行いますが、弱いパワーで照射を行うと毛根への働きかけの作用も弱まりますので、効率の良い処理は行えません。

 

以上のことから、施術を受ける前には日焼けをしないようにしっかりとした対策を行う必要があります。

日焼けしていても脱毛ができるSHR方式の医療レーザー脱毛機について

多くの医療レーザー脱毛はHR方式であり、強いパワーで照射を行います。

 

1回の照射時間はとても短く、照射される際の熱は1点に集中します。ムダ毛に効く仕組みを詳しく見ていくと、成長期に当たるムダ毛に照射を行って毛乳頭を含む毛根ごとダメージを与えます。

 

定番の方法ではありますが、どちらかというと肌の白い人に向いていますので日焼けによって肌の色が変わってしまった場合には利用できません。

 

実は医療レーザー脱毛の中にも日焼けをした肌に行える施術があります。

 

それはSHR方式であり、肌に優しいマイルドなパワーで照射を行うタイプです。

 

1回の照射時間が長めになっていたり、複数回連射を行うようになっていて、パワーを抑えている分を上手くカバーしています。

 

パワーを抑えることで皮膚の温度を低く保つことができ、皮膚の下に対して熱が伝わるようにしています。伝わった熱はじわじわと広がって蓄熱され、ムダ毛に効果を発揮します。

 

SHR方式の場合、ムダ毛の色素を持つ部分にダメージを与えるのではなく、バルジというムダ毛を生成する元にダメージを与えます。

 

ムダ毛への働きかけの仕方でもHR方式とは大きな違いがあり、痛みも少ない方法です。実際に感じる痛みはほんのりとした温かみを感じる程度というケースも多いので、かなり優しい施術であることが分かります。

 

また、SHR方式の場合はHR方式と違って照射範囲が広いので短時間で施術を行うことが可能です。

 

黒い色素に反応させる施術ではありませんので、どんな毛質に対しても有効な施術ができることも大きなメリットです。

 

毛周期に合わせて施術を行う必要がありませんので、肌に負担のかからない間隔であれば施術を受けることができてとても便利です。このように日焼けした肌に受けられるだけでなく、様々なメリットのある方法です。