永久脱毛の定義とは

ヒゲ脱毛

効果の高い脱毛法として知られているのが医療レーザー脱毛です。

 

永久脱毛ができる数少ない施術であり、ツルツルを目指す人に最適な施術と言われています。

 

永久脱毛と呼ばれるくらいですので、一生ツルツルが維持されるようなイメージを持たれることがありますが、しかし実はそうではない施術ということを理解しておいた方が良いでしょう。

 

文字通りに受け取ると永久的に無駄毛が生えなくなりそうに感じるものですが、実際は、「最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法」という定義があるのです。

 

つまり医療レーザー脱毛を受けた場合でも、一生涯、生えないということはありません。あくまでも20%以下の毛の再生率ならば、永久脱毛に該当すると定義付けられているのです。

 

そうした定義を踏まえてみると、永久を謳っていても効果がそれほど高くないように感じられるかもしれません。

 

しかしながら医療レーザー脱毛は効果の高い施術には違いないのです。

 

他の施術ですともっと生える可能性がありますので、再生率が20%以下どころではなかったりもします。

 

それに生える可能性があるにしても、医療レーザー脱毛後に再度生えてくることは殆どありません。

 

大部分はツルツルに仕上げることができ、その状態を長期的に維持させることに成功している場合がほとんどです。ですから永久的な効果ではなくとも意義のある施術であり、現に多くの体験者は効果の高い仕上がりに満足しています。

医療レーザー脱毛でヒゲ脱毛したら二度と生えてこない?

医療レーザー脱毛を受けたとしても二度と生えてこないわけではありません。

 

生える可能性は低いものの、確率がゼロということでもありませんので、発毛してしまうケースもあると捉えておいた方が良いでしょう。

 

そもそも発毛をしてしまう理由ですが、組織が回復してしまった場合は生えることがあります。

 

医療レーザー脱毛は毛根の組織を破壊して不活性化する施術であり、それによって脱毛効果を発揮させるというものですが、しかし完全に組織が破壊されないこともあります。

 

間接的にレーザーを照射する施術ですから部分的に効果が低くなり、回復しやすい状態になっていることもあるのです。

 

ただし、医療レーザー脱毛は非常に強力な施術のため、実際に生えてきてしまう可能性はほとんどありません。そのため大部分は半永久的にツルツルにすることができます。

 

しかしながら100%生えないとも言い切れない部分がありますので、時には発毛が確認されることもあります。

 

ただそういった時でも大体のクリニックではアフターフォローがしっかりと用意されています。ですからもし生えてきてしまった場合でも、無料あるいは低価格で再度の医療レーザー脱毛を受けることができるのです。

 

万一、生えてきた時でもそうした保証があることによって安心感を持つことができ、何も心配をすることなく施術に臨むことができます。また、事前にアフターフォローについてよく確認をしておけば、より安心感も大きくなることでしょう。