青ヒゲの原因

ヒゲ脱毛

 

ヒゲが濃い体質の人は、どんなに毎朝丁寧にヒゲをそっても青ヒゲになってしまいます。

 

これは、ヒゲが濃い体質の人のヒゲは1本1本が太いので、剃ったヒゲの断面の面積が大きくなってしまいます。

 

そのため近くで見れば、肌の色の中に黒いヒゲの断面がポツポツと点在しているように見えるのですが、遠くから見ると、肌の色と、ヒゲの断面の色が混ざって見えて、青みがかってしまうのです。

 

ピンセットなどを使ってヒゲを1本1本抜いていったとすれば、青ヒゲは一時的に解消されることになりますが、すぐまた生えてきてしまいますし、太いヒゲを1本1本抜いていると出血を引き起こすことがあります。

 

ヒゲを強引に引き抜くことによって毛穴の淵が傷ついてしまうと炎症を引き起こして腫れて、穴を塞いでしまい、ヒゲが埋もれてしまう、いわゆる埋没毛になってしまうことがあります。

 

これが顔に発生すると非常に目立つので、ヒゲを1本1本抜いて処理する方法は現実的ではないですし、何よりも痛いし、時間がかかってしまいます。

 

青ヒゲになっている状態を解消するためにはヒゲが生えてくる働きを衰えさせるしかありませんが、自分の力だけでヒゲが生えてくる働きを衰えさせる方法はほとんどありません。

青ヒゲにお悩みなら医療レーザー脱毛でヒゲ脱毛をしよう

青ヒゲの悩みを解消させるためには、ヒゲが生えてくる働きを衰えさせる必要がありますが、医療レーザー脱毛の施術を受けると、それを実現させることができます。

 

医療レーザー脱毛の施術は、医療レーザーを照射できる脱毛マシンを使用して行います。医療レーザーはヒゲを黒くしているメラニン色素に吸収される性質があります。医療レーザーがメラニン色素に吸収されると、そこで高熱を発生させます。

 

その熱は、毛穴の奥にある毛乳頭という組織にダメージを与えます。

 

毛乳頭はヒゲを生み出すのに必要となる毛母細胞が分裂して増殖する働きを制御しています。

 

そのため医療レーザー脱毛の施術によって毛乳頭にダメージが与えられると、毛母細胞が増殖できなくなり、次に生えてくるヒゲは細く弱々しい状態のまま抜けるようになっていきます。

 

そのため剃ったヒゲの断面の面積は少しずつ小さくなっていきます。

 

そうすることによって、遠くからみても、肌の色とヒゲの断面の黒い色が交じり合わなくなるので、青みがかっているようには見えなくなります。

 

これが、医療レーザー脱毛の施術を受けることによって青ヒゲの悩みが解消されるメカニズムとなっています。そして更に施術を繰り返すとヒゲ剃りが必要なくなるほど目立たなくなることが期待できます。